ショートステイを利用しましょう!

入所施設に預けたいけど、金銭的から躊躇う場合、先ずはショートステイを利用してみませんか?

ショートステイは、要支援1以上の介護度であれば、利用する対象となります。
但し、ショートステイには、短期入所生活介護と短期入所療養介護の2種類のタイプがあり、要支援1、2だと短期入所生活介護のみの利用となります。

両方とも、数日間介護施設に宿泊し、サービスを受けることは一緒なのですが、目的によって使い分けになります。

利用日数には限度があり、要介護度によって異なります。また、利用日数の限度まで使ってしまうと、他の介護サービスが使えなくなりますので、良く相談してから利用してください。

介護者の介護疲れ、冠婚葬祭、突発的な用事(自分の病気や治療等)などで利用する方が主ですので、定期的に利用する方法を考えても良いと思います。

勿論、日数的な制限がつきますが、デイサービスなどと併用も可能です。

ショートステイにかかる費用や申し込み方法が、介護度で大きく異なりますので注意が必要です。

短期入所生活介護 短期入所療養介護
施設 介護老人福祉施設(特養)、ショートステイ専門施設、有料老人ホーム 老健、介護療養型医療施設
サービス 日常介護、レクリエーション、リハビリ 日常介護、医療処置、リハビリ
対象者 要支援1以上

自立者が主。デイサービスに通っているような人

要介護1以上

日常介護の他に医療面でのサポートが必要な人

費用としては、介護保険の基本料金(自己負担分1割。まれに2割の人もいると思いますが)に様々な介護保険加算が細々とあります。その他に部屋代や食費、おやつ代や消耗品費用など・・・。

入居費用

結局のところ幾らくらい必要なのかと言えば

1日 4 ~ 5,000円程度はかかるのが一般的です。

勿論、施設によりますので、事前に確認してください。

ショートステイ申し込み方法

要支援の方 → 地域包括支援センターへ相談してください。
要介護の方 → ケアマネに相談しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク