高齢者住宅の費用相場と医療費

特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・グループホーム・有料老人ホーム
費用の平均相場
種類 入居金 月額利用料の目安
特別養護老人ホーム(特養) かからない 7~15万円
介護老人保健施設(老健) かからない 8~17万円
グループホーム 0~100万円 8~17万円
有料老人ホーム 0~数百万円 15~40万円
サ高住 0~50万円(敷金・保障金) 15~25万円

高齢者住宅は、施設の種類別で入居一時金や月額利用料が異なります。

上記例は、特養、老健、有料老人ホーム、サ高住など高齢者住宅は、入居する利用者の要介護度によって入居時にかかる費用、毎月かかる月額費用が大きく異なります。

入居費用
入居する施設で費用の違いは大きくありますが、入居する方の健康状態でも費用が大きく異なることを理解しておきましょう。

自治体によって、補助金や税金控除などの仕組みがありますので、一概にいくらかかるということは言えません。
施設と入居者によって異なるのが、高齢者住宅の特徴なのです。

上記表では、有料老人ホームに関して、一時金を結構標準的というか、控えめに記述したのですが、1億円程度かかる老人ホームもあります。

また、サ高住に関しては、特定施設入居者介護事業所の指定を受けている場合、月額費用が若干高くなることは覚えておいてください。

介護度が高くなれば、介護に関する費用が増し、施設側の収入も増えます。
その為、一般の高齢者住宅の多くは、できる限り介護度が高い利用者を求めているのが実情です。
介護度が高ければ、施設の収入が増えます。

要介護度が高ければ、利用者が支払う自己負担分も増えますので、しっかり介護にかかわる費用は先に計算しておくことが大切です。

サ高住の費用内訳(例)

賃料+管理費+水道光熱費+食費+介護保険自己負担+訪問診療費・医療費・薬代+オムツ代+雑費(レクレーション費用)

有料老人ホームの費用内訳

賃料+共益費+水道光熱費+サービス支援費+食費+介護保険自己負担+訪問診療費・医療費・薬代+オムツ代+雑費(レクレーション費用)

医療費用に関して(訪問医療)

有料老人ホーム、サ高住の医療面を支えるのが、訪問診療と訪問看護です。
特に「医療度が高くても受け入れます。」と謳っている施設の多くは、外部契約である訪問診療をいとも自施設に医師がいるかのような記述をしていますが、9割以上の施設で外部との契約に頼っているのが実情です。

中には、入居金1億のような施設に関しては、また違うかもしれませんが、大半は訪問診療を提供している診療所や病院と提携していると思ってください。
老人ホームやサ高住で医療を直接提供していませんので、医療費は別にかかります。

訪問診療を契約すると、9割が月額1万円未満ですが、費用が別に発生します。
具合が悪くて、施設の看護師や介護士が電話で訪問診療契約先に問い合わせするだけで、電話再診で医療費は課金されます。
臨時で往診等があれば、もっともっと診療の費用がかさんでいくのです。

また、老人ホームやサ高住で亡くった場合には、さらに医療費がかかりますので、訪問診療の契約の際、医療機関にお尋ねしておいたほうが利口です。

結局、医療が充実していると記述していますが、あくまで外部の医療機関が診ているだけと思ってください。

介護施設に看護師がいる施設が増えてきていますが、施設で働く看護師の多くは健康管理主体で、医療とかけ離れている方が多いのも現実です。

我々のように訪問診療を提供している医療施設では、そんな内部事情をよく知っていますので暴露しますが、派遣の看護師も非常に多く、看護師より准看護師の方が多い印象です。

派遣の看護師が多いということは、日々違う看護師が世話している施設が多いことですので、医療の充実と謳っていますが、実際は事実とかけ離れているということは理解しておきましょう。

高齢者施設は、介護の専門施設です。医療は、我々のような医療機関が専門です。老人ホームやサ高住で、いくら医療が充実していますと言っても所詮外部に頼っているだけが現実なのです。

そうなると提携する医療機関で医療の質が問われますが、大きな病院との契約だから安心というわけでもありません。

大きな病院程、横柄でバイト感覚でオンコールを受けているところも多く、片手間で訪問診療を行っている場合もあるのです。

診療所の中でも、夜間帯はバイト医師というところもありますので、何とも言えませんが、最初にしっかり対応する体制を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク