代行サービスを使って在宅介護を考える

Aさん家族
うちの親、「介護」って言うと「自分の事は自分でできる。家で暮らすからな」って言うんですよ。
Aさん家族
「介護」に拒絶反応するのと、やっぱり自宅が一番だって言って、施設入居は出来そうにもありません。でも物忘れも進んでいる気がするので、心配なんですよね。
「介護」に抵抗あるのは分かる気がします。特に団塊の世代の方は頑固ですからね。
あとは、無理に施設に入れても駄目だと思います。自宅で生活する方法考えてみましょう!

例えば、認知症も軽度であり、介護がそれほどまで必要がなさそうな状況だと、本人も家族も老人ホームや高齢者施設への入居入所を躊躇うと思います。

実際に医療者側から見て、いくら軽い認知症であっても独居や高齢者夫婦世帯であったら、やはり今後の生活が心配になりますので、どうしても誰かの見守りの中で生活して頂きたいと思ってしまうものです。

ある方は、独居で愛煙者でしたので、遠くの家族は火事にならないか、ものすごく心配していました。

ある方は、自分で台所に立ち、料理を作りますので、やはり家族は火の消し忘れをものすごく心配していました。

老人ホームなどに入居すれば、こういった心配はなくなりますが、逆にお金の心配が出てくるのです。

入居して生活していくには毎月十万円以上はかかりますので、一般的には今の生活に少し何かをプラスして、自宅での生活が継続できないかを模索しようとするわけです。

確かに老人ホームなどの高齢者施設への入居が、正解とか、絶対おすすめというわけではありませんし、自宅で暮らしている人もいますので、工夫すればどうにかなったりもします。

家で暮らしたい、暮させたい

色々考えてみると、ちょっとした工夫で自宅で暮らしていくことも可能です。
僕なりにこんなサービス使えば、楽ですよ!安心ですよ!というものをいくつか挙げてみます。

自宅で暮らしたいと願う高齢者には、「介護」という言葉に抵抗を示す方もたくさんいます。
「介護」として利用するのではなく、あくまでも代行サービスの利用、ビジネスマンも利用しているということで、家事の一部を代行してみてはいかがでしょうか?

ビジネスマンも利用しているサービスですので、家族の金銭的援助さえあれば、抵抗なく導入できると思います。
仕事で忙しい、一日中は親の面倒を看れない、そんな時に使ってみて欲しいサービスのご紹介になります。勿論、介護を受け入れているのなら介護と併用して利用しても問題ないでしょう。是非、検討してみてください。

宅配弁当の活用

軽い認知症とは言えども、家族が一番心配するのは火やガスの取り扱いです。
火やガスを極力使わなくする方法としては、食事などを外注化していくことです。弁当などに切り替えて配達してもらうことで、台所に立って調理するという作業を省くことができます。
最近では様々な宅配弁当が登場していますが、個人的におすすめなサービスをご紹介します。
最大手なので、サービスも味も定評があります。

結構、利用者から評判が良いのでご紹介いたします。

大きな特徴としては
・ 1日ごとに注文できる
・ セブンイレブン系は比較的おいしい。メニューが多彩。
・ 栄養バランスが良い
・ 税込500円から無料配送

セブンミールのお弁当サービス

家事代行の活用

独居や高齢者世帯などでは、家事がおろそかになりがちです。

・ 部屋がゴミ屋敷になっていた
・ ほこりだらけだった
・ 風呂場にカビが生えていた
・ 何日も洗濯していなくて、洗濯物が溜まっていた
・ 臭い衣類を何日も着ていた

高齢者だけの生活となると、このようなことも有り得るわけです。
老人ホームや施設に入居すれば、誰かがやってくれるのですが、自宅で過ごすとなると家族以外にやって頂ける方はいないと思います。
そこで、定期的に家事代行を依頼するというもの手段だと思います。

家事代行と聞くと高いイメージがありますが、最近では結構格安なサービスが出てきています。
家政婦のイメージが強い家事代行ですが、今では忙しいビジネスマンも結構頻繁に利用している一般的なサービスとなっています。
洗濯物たたみ、アイロンがけ、日用常備品の買い出しなどが人気だそうです。

また、定期で依頼すると担当者が付く会社もあるようです。

家事代行でお勧めな会社は、「スウィップ」と「CaSy(カジー)」です。

ダスキン等の大手もありますが、料金が高くて経済的な面で渋ってしまいます。気軽に利用するにも安いことが大前提だと思います。そこで
相場の半分 おおよそ1時間2000~2500円で依頼できるサービスの紹介です。かなり激安だと思います。

毎週〇曜日に2時間依頼するだけでも1ヶ月で2万円程度ですので、家族の負担も少なくて済みます。2週間に1回という割合で定期利用している方が多いようです。ハウスクリーニングの会社にトイレ掃除や風呂掃除を依頼するだけで1万円以上の出費ですので、どのくらい安いか検討がつくと思います。

まだ、対応範囲が狭いというのが「スウィップ」と「CaSy(カジー)」の弱いところでもありますが、このような家事代行サービスを使うというのも手段です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク