千葉の老人ホーム費用など

僕自身が千葉県に住んでいますので、わかる範囲で千葉の老人ホーム事情を書きたいと思います。

首都東京から近いこと、アクセスの便が良いことなどが理由で、首都圏周辺にお住まいになっていても千葉の介護施設に移り住んだり、親を預けたりする方が非常に多いというのが千葉の老人ホームです。

地域的にも需要があることが分かっていますので、大手の有料老人ホーム運営会社、サ高住運営会社の競争が激化しているところでもあります。

千葉で老人ホームを運営している大手会社は、皆さんの知っている会社がたくさんあります。

オリックス・リビング、シダー、アズパートナーズ、レオパレス21、ユニマット、リタイアメント・コミュニティ、SOMPOケアメッセージ、ベネッセスタイルケア、長谷川介護サービス、ベストライフ、木下の介護、SOMPOケアネクスト、グリーンライフ、未来設計、ニチイケアパレス、フロンティア、スマートコミュニティ、リハビリテーションアンドケアシステム、しあわせの家、リビングプラットフォーム、大和リビング

千葉市にはかなりの数が密集していて、地域性や駅近くなど場所の比較というよりも、費用や一時金等の価格、スタッフ等の応対、そして受けられる医療度での区分けが主となっています。

千葉市の有料老人ホーム数は、昨年確認出た数でも450近くありました。知っている限りでも数件建設途中ですので、まだまだ増えていきます。

施設の施設長さんや本社の方々とお話しをすることがあるですが、千葉では、これからも施設数を増やしていこうと考えているところが多いようです。

神奈川などにも積極的参入している会社も多く、神奈川も激戦区になっていくというお話を聞いております。しかし、千葉にも同様に積極的に参入されていますので、介護施設の需要がある県であると感じています。

実は、千葉県の特養、老健は、そこまで待ちが酷い状況ではありません。
特養などは、頻繁に相談員が紹介を促してきていますので、空きがあるようです。施設側も要介護が高い方を望んでいますので、施設基準が変わってからの順番待ちは大きく減ったようです。

老健に関しては、駅から遠い、バスなど公共交通機関から離れているところに施設が建っていると需要が薄れます。
場所によっては、空きがあるところも存在していますので、老健に入所希望の方は、お問い合わせしてみるべきです。

スポンサーリンク

千葉の老人ホーム 費用比較

千葉市だけでも450施設程度ありますので、費用や一時入居金などは様々です。千葉県全体では1500施設と言われています。松戸、船橋、柏も多く存在します。

一時入居金もなく月額も安い老人ホームも存在します。反対に入居金もあって月額も高い高級な老人ホームもあります。

入居一時金の相場は、敷金程度から500~600万円程度が半数を占めています。入居一時金の金額は全国的にも高めで設定されているようです。

格安な有料老人ホームでいうと、多床室を持ち全額で12、13万円で済む老人ホームもあります。認知症や寝たきりという場合で、お金がそんなに出せない家族という場合に利用させて頂いています。

安くても介護も医療もしっかりしています。

近隣には、訪問診療も充実していますので、医療度が高い利用者さんを受け入れている傾向にもあります。差別化を図る意味でも訪問診療先としっかり提携して、医療度が高くとも入居可能と言う有料老人ホームも多くなってきました。

費用の差が、建物の外観や内装、広さ、あとはネームバリューというかブランドなのかもしれません。
サ高住も管理費まで込んで10万円程度で入居できるところもあります。(食費抜き)独居させるのが心配と言う方には、サ高住などの人の目があるところに移住させるというのも手段かと思います。

生活保護受給者の入居に関しては、受け入れ先はそれほどまで多くはありません。受け入れ出来る老人ホームでも数部屋準備されている程度が目立ちます。中には、施設全体で生活保護受給者も歓迎と言う老人ホームも存在します。

特養や老健は少な目ですが、価格は全国的にもそんなに高くありません。
そして、思った以上に順番待ちは少ないと思います。

都内に在住であるのなら、都内でよりは価格は安くなります。
千葉で老人ホームや老人施設を探すのもひとつの手段だと思います。

>> 千葉市の有料老人ホーム一覧

>> 柏市の有料老人ホーム一覧

>> 船橋市の有料老人ホーム一覧

>> 松戸市、野田市、流山市、我孫子市の有料老人ホーム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする