年金の範囲内で入れる老人ホームってないの?

そろそろ老人ホームへの入居を検討した方が・・・・
Aさん家族
わかってはいるんですけどね・・・・
Aさん家族
お金がすごくかかるんですよね?
安いところもありますが、一般的には22~25万円程度とお話ししています。
Aさん家族
年金生活なので、毎月25万円なんて払えません。
あくまでも目安です。中には安いところもあります。
年金はどのくらいもらっていますか?
Aさん家族
2か月で34万円です。
わかりました。大体、月17万円程度ですね。
ちなみに家族の方の援助は頂けますか?もし援助して頂けるのであれば、具体的にどのくらいの金額まででしょうか?
Aさん家族
私たちにも生活がありますので、子供にもお金がかかるし・・・・。
Aさん家族
年金の範囲内でお願いできませんでしょうか?

上記は、ある日常の会話です。

老人ホームを紹介すると、当たり前のように毎月の入居費用価格のお話しになります。

・ 家賃や管理費、食費、雑費まで含めると安くても20万円程度はかかります。
・ 介護保険料は別途必要です。

一般的なお話をするところから切り込むのですが、家族にとって中でも多いのが

「自分たちには、負担は無理」

「年金の範囲内で入れないの?」

といった内容です。

確かに子育て世代の家族なんかは、自分たちの生活で精一杯だと思いますし、毎月いつまで続くかわからない出費は、家計にはつらいものがあります。

その結果、やはり年金の範囲内でどうにかならないのかということを考えるわけです。

しかし、国民年金の満額支給が年間80万円弱ですので、1世帯当たり毎月の平均支給額が6万円程度だと推測されます。また、今後も年金が減り続けると考えると、到底国民年金だけで入居するというのは、難しいのかもしれません。

厚生年金の場合は、国民年金と違って収入と加入期間に応じた金額をもらうわけですので、国民年金と違い、それなりに頂けるわけです。とはいっても、以前より支給額が減っていて、この先もどうなるか分かりませんがね。

有料老人ホーム経営の事業者は、実はこちらの厚生年金受給者の層をターゲットにしているのです。

スポンサーリンク

年金の範囲内で入るって難しいの

対象となる入所希望者が、手厚い介護が必要であり、特養にも入れないような状況であれば、有料老人ホームやサ高住を選択するようになります。

有料老人ホームでも格安なところ、特に多床室だと料金が15万円前後で入居可能ですので、年金の範囲内で収まる可能性はあります。

サ高住の場合も格安であれば有料老人ホーム並みに15万円前後でどうにかなるでしょう。

問題なのは介護保険料であり、有料老人ホームであれば、介護度に応じた料金が別途に請求されます。サ高住であれば、使う介護サービス毎に負担金が変わります。

ひと月17万円で、介護サービスを使わずにぎりぎりか、少しはオーバーしてしまうことも可能性はゼロではないのです。

年金支給額は、個々で違います。

国民年金受給者、厚生年金受給者では、又支給される金額も異なります。

一概に年金でどうにかなるという問題ではなく、年金を軸にして家族全員でどの程度補えるのかが、施設入居させる、する際の心構えになると思います。

お金の問題は、本人にとっても家族にとっても頭を抱えてしまう問題です。
施設に入居した際にかかる全ての費用を年金で補えるかと言われると、多くの方が年金では足りない状況だと思います。
年金支給額も徐々に減ってきていますので、今後はもっとたくさんの方が年金の範囲内だけで入居できなくはなるでしょう。

貯金がないと難しいというのが現実です。

施設入居は、家族にとって介護を委託する選択になります。
委託するには、やはりお金がかかってくるという現実を家族全員で受け止めて頂けると助かります。

年金だとケアハウスという選択肢

正直、一般人のサラリーマンが、年金だけで老人ホームに入居するのは難しいと思っています。
月20万円も支給されている年金生活者は、本当に数少ないでしょう。
年金だけで入居費用を賄うというのは、家族の協力なしには難しいのが現実なのです。

じゃあ、どうすれば・・・・ですよね。

特養でも6万円から15万円前後は掛かってしまいます。
しかし、特養より安い老人ホームがあるのです。

それは、ケアハウス(軽費老人ホーム)です。

月額費用も個々の収入に応じてになりますので、公費で入れるような老健や特養より検討の余地があると思います。

しかし、ケアハウスの一番の問題は、地域というか、全国的に施設数が少ないことです。
そして、倍率も高いということです。

ケアハウスには、3種類あって(食事等生活サポート有り:A型タイプ、食事サポート無し、自炊必須:B型、特定施設入居者生活介護が受けられる介護型:C型)のどの施設を希望するのかをまずは考え、地域に存在しているケアハウスを探してみましょう。本当に運が良ければ入居できると思います。

ちなみに私の周りにもケアハウスに入居している方々がいます。
入居費用が安い、生活保護でも入居できるというメリットは大きいのですが、デメリットも存在します。
そのケアハウスのデメリットとは、重度の認知症のように日常的な介護が必要になると退去を迫られることです。

知っているケアハウスは、若干の認知症患者さんですが、手厚く介護して頂いています。
しかし、やはり重度となると限界があると聞きました。軽度までが対象のようです。

ケアハウスの場合、情報収集と即時入居申し込みが重要です。
考えている暇があったら、申し込みしてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする