高齢者住宅に資産価値はない?

有料老人ホームもサ高住も結局は利用権、賃貸権ですので、資産価値は全くありません。
逆に自宅やマンションなどの資産を売却して入居している方々が多く、介護や安心は、ある年齢とともに資産を手放してでも得る価値があるものなのかもしれません。

そんな中、有料老人ホームでもなく、サ高住でもない、「中高齢者住宅」が注目されています。

簡単に言えば、高齢者が中心となって住んでいるマンションです。

作りは、普通のマンションのようでありながら、住人の多くが60歳以上の中高齢者世帯となっています。

・ 有料老人ホームのように、看護職員、又は介護職員が24時間常駐している。
・ コンシェルジェがいる。
・ サ高住以上に自由度が高く、生活の自由が保障されている。
・ レストラン、温泉、娯楽施設などがマンション内にある。


大きな違いは、普通のマンションと一緒で、資産価値があり相続することができる、また賃貸することもできることです。

一見すると、今住んでいるマンションとそんなに大きな違いが見られないような気がして、中高齢者住宅と呼ばれるマンションにどの程度の意味があるのか非常にわかりにくいと思います。
一般のマンションで、介護保険を使って在宅介護、訪問診療などを受けていれば、特に中高齢者住宅に拘ることはないと感じるでしょう。

しかし、中高齢者住宅がバリアフリーや中高齢者の安全を最大限に考えた構造の基に設計されており、普通のマンションとは少しばかりコンセプトの違ったマンションとなっているようです。
その多くが、介護事業所併設となっているようです。

このような中高齢者住宅で過ごす一番のメリットは、同世代の知り合いを作りやすいことではないでしょうか。
正直に言うと、それ以上の価値を見出すことができませんので、何とも言えませんが、今のマンションが中高齢になって住みにくいと感じたなら、このような中高齢者住宅への引っ越しも考慮しても良いのかもしれません。

住宅ローンを組めない年齢ですので、大前提で数千万円の資産があることが条件となりますがね。

このような中高齢者住宅の一番の問題は、介護が必要になってからです。
資産価値があり、相続もできる、賃貸することも可能で一見すると魅力的ではあるのですが、寝たきりになったり認知症になったりした場合に、どのような介護ができる場所なのかをしっかり考慮していく必要があるのです。

分譲で買ったは良いけど、直ぐに24時間の介護が必要になってしまった。

そうなってしまうと、中高齢者住宅のような介護を外部サービスで利用すると割高になってしまいます。
テナントに診療所や介護事情所が入っていて安心そうに見えますが、24時間の介護が必要となると有料老人ホームに入居したほうが無難です。
24時間の介護が必要になった場合には、中高齢者マンションの分譲購入が無駄になってしまいますよね。

様々な状況を見極めること、想定することは難しいでしょう。自らが24時間介護が必要になるなど誰も想像していないと思います
しかし、誰もがみんなそう思いながら介護される側にいるのです。

中高齢者マンション(通称 シニア向け分譲マンション)を買うには、余剰のお金があって、できる限り若いうちが良いということがわかると思います。

資産価値があっても、そんな簡単には売れないでしょうし、相続と言いながら高齢者が多いマンションに子供たちが直ぐに入るとも考えられません。
賃貸だったら、他にもサ高住も沢山ありますので、金額的な面でどうなんでしょうか?

中高齢者住宅のホームページを研究する限り、良いように記述してありますが、やはり自分の目で確かめて、子供たちなど家族にしっかり相談することが大切だと思います。介護が必要になった後のことも購入する前にしっかり確認してください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク