老人ホームがお勧めなのか?

僕が医療機関に勤務し、訪問診療や退院支援などを手伝っている関係上、老人ホームとのお付き合いが数多くあります。

高齢者住宅の場合、選び方、比較の仕方、料金の仕組み、医療面に関しては、非常に難しいと思いますので、実際に どのような施設を、どの面を重視して選ぶかを具体的にアドバイスさせて頂きます。でも、今の状況で本当に施設が必要なのか、費用が払えるのか?

悩んでいると思います。下記例を是非、参考にしてみてください。

一般的に呼称で「老人ホーム」と言われている高齢者住宅に関する前置きをトップページで記述させて頂いていますので、合わせてお読みください。

スポンサーリンク

親が認知症って診断された

施設入居前提で考え、認知症であるのなら、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、グループホーム、特別養護老人ホームが対象となります。

しかし、施設入居はお金がかかりますので、先ず最初に下記の事を考えることから始めます。

・ 親の年金を含め、家族として毎月介護にいくら払えるのか?
・ 介護サービスを使って、自宅で介護するという選択をできないか?

僕らみたいな医療従事者も「お金」、「自宅で介護する」、この2つを先に相談します。家族と一緒に最初に考えるのです。

なぜなら、介護にはお金がかかるからです。施設入居には、毎月ひとりが働いて得られる給料ほどの費用がかかるのです。

仮に施設入居すると過程すると

特別養護老人ホームに直ぐ入居できない現実、残ってくる選択肢は、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、グループホームの3つに限られます。

市町村によってはグループホームも小規模な為、定員が埋まっている状況が数多くありますので、空き待ちにすると、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅の2つが現実的となります。

有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅ですが、最低でも20万円程度かかるのが現実で、家族の補助なしに入居し続けるのは結構困難です。

最低で20万円程度かかる現実と向かい合い、23~25万円程度までは「毎月出費できる」場合には、施設入居を本気で考えても良いと思います。

仮にこの地点でお金のことを考えてしまう場合には、まず自宅で自分たちが出来ることから始めてみるべきです。お金を準備できなければ、しょうがない現実なのです。

結局は、介護もお金なのです。

入居費用

介護もお金

「自宅で自分たちで」と嘆く方も多いと思いますが、介護保険を利用しますので、金銭的には施設に入居する数分の一~十分の一程度で済むのです。金銭的には、かなり格安になります。

費用が安く済むということは理解できたけど

・ 自分たちが仕事している時、不在な時どうするのか?
・ 本当に家で生活できるのか?

確かに様々な不安は沢山あると思います。
しかし、施設入居費用が払えないのだったら、やってみるしかないのです。

デイサービス、訪問介護など、サービスを使って独りにならない工夫をしてもらいましょう。しょうがないから、介護休暇使うことも視野に入れなければいという人もいると思います。

でも、それが現実なんです。

じゃあ、とにかく誰に相談すれば良い?

ケアマネです。

そう、ケアマネージャー。聞いたことがあると思います。介護支援相談員と言われる資格の方に相談です。

介護保険の範囲内でおさまるサービス、自費に相当するサービスなど保険内外などもありますので、教えてもらってください。

ケアマネも良し悪しなので、人伝いにケアマネを紹介して頂いてください。介護をしている友人や知人に聞いて探してください。

どこかの施設に行って、知らない人にケアマネを紹介してもらうことだけは絶対にお勧めしません。なぜなら、ケアマネ次第で自分達のこれからが決まってきますので、評判が良く、良く動いてくれるケアマネを探すのです。

近所なんかで評判のケアマネを探し、とにかく相談してください。そして、不安を払しょくできる程度の要望を伝えてください。

お金が出せなかったら、ここまでの手順で動いてみてください。

やはり施設に入居する

やはり、自宅で介護しきれない、仕事が手につかない、不安でしょうがない
努力しても無理だったら、お金払って24時間介護してもらいましょう。

有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅(以下 サ高住)どちらが妥当?

老人ホーム

難しい問題ですよね。

サ高住も有料老人ホームに近づけるべき努力していますし、サ高住であっても医療の面の充実を図っています。看護師が常駐していたり両者有意差が無くなっています。

老人ホームは、入居一時金の問題もありますので、売りを24時間医療面の充実で勝負しています。
高額ですが、入居一時金を払って入居すれば、長く入居した場合には割安になります。人の寿命は見えませんし想像がつきませんので、何とも言えません。

結論的には、施設毎によって良し悪しがあり、どちらが良いという結論はでないと思います。

ただ、施設によって特徴がありますので、下記の点だけは注意して見分けた方が良いと思います。

・ 医療面の必要性
・ 入居者本人の性格

医療面の必要性
医療を必要としなければ、住宅で自由が利く方が良いでしょう。買い物に行けたり、友人とあったりできる自由な時間を持つことが出来ます。これは、サ高住に多く見られる傾向です。
反対に医療面で不安がある利用者の場合には、医療の充実が売りになっている施設を選ぶべきです。訪問診療等が頻繁に出入りしている証拠です。

入居者本人の性格
施設入居者の多くが認知症を患っています。仮に入居予定者本人が、認知症を持っていなかったり、共同生活向きではない性格だったりすると、入居した直後や後に退去すると言い出すことが想定されます。
老人ホーム = 認知症 と思っている人が多く、実際にもそのとおりと感じる施設が多いことも事実です。しかし、中にはホテルのような空間を提供している施設もありますので、利用者像をチェックする必要もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする