老人ホームの費用を比較する必要性があるのか?

有料老人ホームの費用を比較してみると、単純に計算して最低でも16万円前後の総費用が毎月かかり、一般的にも30万円前後毎月支払うことができれば、どこかに入居することは可能です。平均というか、相場という意味で考えても大体毎月25万円程度費用の負担が出来れば、どこかに入居することは可能です。

老人ホーム

老人ホームに夫婦で入居を考えている方も多いと思いますが、夫婦で老人ホームに入居する場合には、2人部屋であれば一般的な金額の1.5倍程度の費用負担が相場ではないでしょうか。25万円平均で考えれば、40万円弱の負担はごくごく一般的であると想定できます。

当サイトで夫婦で同室に入居するデメリットをした際に、どちらか片方が介護が必要な状態であると、精神的にも休まらない、隣同士の2部屋を借りた方が精神的にも良いのでは?と提案しています。そうすると、料金は単純に2倍にはなってしまいます。平均月25万円だったら倍の50万円が夫婦入居ではかかってしまうわけです。

老人ホームに入居した際の内訳など詳細は、「老人ホーム費用の内訳を考えてみる」でも説明しましたので省略させて頂きますが、結局は介護を他人に任せ、自分も安心した暮らしをお金で買うわけですので、それなりに費用がかかるのはしょうがないことだと思うしかないのです。

老人ホームの費用に関して、費用を比較し検討している方が多いと思います。
僕自身は、費用を検討するのも大切ですが、まずは

あなたが、老人ホームに何を望んでいるのか?

これが一番大切だと思っています。

介護してくれて、費用も相場程度だったら、特に他にこだわりを持たないというのであれば、選択肢も広がると思います。

しかし、建物が新しい方が良い、駅から近い方が良い、部屋が広い方が良い・・・・様々な要求を出すと必然的に選択の幅は狭まりますので、何に拘るのかを明確にするべきではないでしょうか?

あれもこれもで、最終的に安いところとなると、まず見つかりませんよ!

老人ホーム側にも当然のように建物を建築した費用や人件費、地代を考慮した金額となっていますし、価格破壊が起こっている業界でもありません。費用に関しては、経費を考慮した「その施設の適正価格」だと思って頂いた方が探しやすいと思います。

先日、ある家族から相談を受けました。
介護が必要になっているお母様を老人ホームに入居させたいとのことでした。

できるだけ安く入居させれれば

年金と足りない分は自分が払うということで、できるだけ安く良さそうな老人ホームを探しました。

お母様の性格も明るく、コミュニケーション能力も高かったので、介護度、医療度、そして温かみのある施設を提案させて頂きました。

娘さんと施設見学にいったのですが、金額的に全く問題なく、素直に受け入れてくれるかなと思っていましたが、帰ってくる車の中で

施設が古く、母を入れるにはちょっと・・・

と言われました。

金額的な面、温かみがあり明るい雰囲気の施設、勤務年数が長いスタッフが多い、提案された条件以外にもお母様の性格などを考慮した結果で選んだのですが、娘さんの回答は「施設が古いから」という感じでした。

僕の方からは、「一度、体験入居かショートステイ等をしてみてください。それから判断しましょう。」と伝えました。

その後、約束通り体験入居をしました。
お母様の希望もあり、結局僕らが提案したこちらの老人ホームに入居し住むことになりました。

体験入居の際に同行していた娘さんも建物の古さの問題を忘れ、今は満足しているとのことです。
スタッフとも仲良くやっていました。

施設の外観や内装の古さは、見栄えという面で大切なのかもしれません。半面で、金額的な面でいうと割高になる傾向があります。古いより新しい方が良いことは理解できます。

しかし、忘れていけないことは、入居する方の状態や性格などを考えた「終の棲家」としての相応しい場所なのかという点なのです。

建物以外は、素人目で判断できる材料も少ないと思います。
だからこそ、何度も足を運び、体験入居してもらったりして、確認することが大切になるのです。

安くても良い老人ホームもたくさんあります。
高くてもあまり良くない老人ホームもあります。

入居されている方々、家族の満足度などを総合的に評価しても、費用が高いから満足度が高くなるとは限らないということです。
老人ホームの費用だけの比較は、「終の棲家」として相応しい場所なのかという検討材料の一部でしかないというわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク