老人ホームは外出が自由なのか?

結論から言えば、有料老人ホームは自由度は非常に少なく、外出に関してはうるさいくらい規制されているのが一般的です。

持病に認知症や他の疾患等あった場合、外出時に何かあったら施設側の責任も問われる為、家族同伴や施設側職員と一緒に外出するという施設が多いです。

外出しても病院などと同様に時間にも厳しく、外出届という形で処理されています。
消灯時間、門限などもありますので、病院、又は寮暮らしをしているようなものと想像するとわかりやすいかもしれません。

一方で、老人ホームでも自由度が高く、外出、外泊、来客も可能というのがサービス付き高齢者住宅、通称サ高住です。


一日1回の安否確認は義務付けられていますが、感覚としてはアパート暮らししている感じで、悠々自適な生活を送れます。
サ高住は、有料老人ホームと違い、介護が必要だから入居しているという場所でもなく、どちらかと言えば家族が心配して、人目のある集合住宅に入居させたいという意思から入居してくる方が多いところです。

簡単に言えば、見守りのついた高齢者の集合住宅です。

URや市営住宅、県営住宅にも高齢者が多数住んでいて、ボランティアの方などが安否確認されている場所もありますので、大きな違いをよく理解できない方もいます。

しかし、大きく違うのは、食事がついて生活しやすいバリアフリー構造、見守りもついてくるというサービスにあります。
もちろん、それらサービスは全て自分で選べますので、料理が得意、お風呂が好き、自分で洗濯する、そんな方でもサ高住は入居できるのです。

老人ホーム=自由度が低い

こんな感覚で老人ホームを想像している方も多いのではないでしょうか?

有料老人ホームでは、やはり介護が主体ですので、施設の特徴としても自由度は低くなります。
しかし、サ高住は、介護はあくまでオプションでしかありませんので、一般的に自由度が高いのが特徴なのです。

スポンサーリンク

老人ホームへ入居すると自由がなくなる

世間一般的に思われがちですが、今では自由度の高い老人ホーム=サ高住が増えているのです。

実は、老人ホームの世界でも団塊の世代問題というものがあります。
多趣味だったり、パソコンも出来る、スマホも所持している、車の運転も現役、スポーツも続けている、ゴルフが好き、映画も観る、たまには飲みに出かける。

老人扱いできない老人が今後増えてくるという問題です。

サ高住を展開している大手グループなどは、老人ホームに見えない老人ホームをどう作っていこうか困惑しています。
昭和歌謡や演歌より洋楽やポップスを好み、機械やコンピューターを操れる高齢者が増えてくるのです。

僕の知っているサ高住なんかは、ビリヤード台やダーツの機械、ダーツバーなんかにあるのがあったり、高級レストランや小さい居酒屋、バーなんかが施設内にあったり、映画館同様のシアタールームがあったりしています。
正直、僕が用事があって施設に行って、中にお邪魔したとき、高級ホテルに来たという感覚になりました。

なんだこりゃーーー

誰もがそんな設備のある施設を見ると同じように感じるはずです。

サ高住は、世間一般的には老人ホームです。
だから、近所の方々も老人ホームという感覚でしかないと思います。

しかし、高級ホテル顔負けのフロントがあり、館内設備は安いホテル以上です。
個人的にお金があれば入居したいです。老人になる前の今でも入居したいと思っています。

老人ホームは、目的にあった場所を選択するほど、種類が増え、競争が激化してきています。
現在の老人ホームは、介護が必要な老人ホームから、自由や快適な老後生活を楽しむことが出来るサ高住まで選択肢の幅が広がりました。

一昔前は、老人ホームに入ると色々な規制があって外出もできない、買い物にも自由にいけないといった窮屈な生活が余儀なくされたのかもしれません。
しかし、今は用途に応じた住空間が提供されていますので、自由度も自分たちで選べるようになっているのです。

「老人ホームは外出が自由なのか?」

もちろん、施設によってルールや規則は違います。本当に施設毎個々で違います。

しかし、中には自由度が高いところもたくさんあります。
特にサ高住です。

自由度が高い老人ホームをお考えでしたら、サ高住でお探しになってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする