養護老人ホームと軽費老人ホームの違い

高齢者住宅の種類は豊富であり、難点としては、違いが非常に分かり難いところだと思います。

介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅(サ高住)、グループホーム、特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)などが一般的です。

実は他にもあまり聞きなれないかもしれませんが「養護老人ホーム」、「軽費老人ホーム」という高齢者住宅があります。

この2つは、基本的には介護施設ではなく福祉施設の分類です。

下記で比較して頂くとわかるのですが、金銭的な条件以外、両者に大きな違いが無いように見えます。

実は、両者とも介護保険施行前からある公的施設であり、現行の施設(介護付有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅(サ高住)、グループホーム、特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健))との差別が分かり難い点が数多くあります。

介護保険法が一般的になる以前は「老人福祉」と言われ、行政による福祉施設が全国に点在し、それだけでもどうにかなっていたのです。

しかし、年々老年人口は増え続け、現在のような高齢社会に突入していき、老人を取り巻く環境が激減してきます。その流れで、介護保険法にそった施設等も出来ています。

しかし、老人福祉として建てられた養護老人ホームと軽費老人ホームなども介護保険施工後に行政の配慮で残っているのです。

だから、金銭的な負担は少なく設定されていますが、入所するハードルは極めて高いです。
このページでは、この2つの住宅の違いについて記述していきます。

養護老人ホームと軽費老人ホームの違い

項目 養護老人ホーム 軽費老人ホーム
入居年齢 65歳以上 60歳以上
入居条件 基本的に自立 自立~要支援まで(要介護可も有り)
入所一時金 × 〇(ケアハウス型のみ)
生活援助
身体介護
月額利用料 10万円以下 10~20万円

軽費老人ホームは、国、自治体から運営の補助資金を供給されています。社会福祉法人や医療法人などが事業主体となり経営していますので、公的なという特色が強い施設となります。

軽費老人ホームには、A型、B型、ケアハウス型という3つのタイプがあり、もともとは生活困難者向けの福祉施設だったということで、A型、B型に関しては入居一時金はかかりません。違いも食事提供の有無のみとなっています。

ケアハウス型は、所得制限なしで入居できる場所です。費用は所得に応じて変化します。食事提供もあり、個室、バリアフリー構造です。現在の有料老人ホームの行政版とも言うべきでしょうか。分かりやすく言えば、国で作った、老人ホームです。

A型・食事提供あり。
B型・食事提供無し。
ケアハウス・経済的に自立できる方向け。

養護老人ホームの入所基準

高齢者(原則65歳以上、特に必要と認める場合は60歳以上)を老人ホームに入所させる場合は、当該高齢者が次の(ア)及び(イ)のいずれにも該当することが必要です。
(ア) 環境上の事情については、次表のaに該当し、かつ、b~cのいずれかの事項に該当すること。

事 項
a 健康状態 入院加療を要する病態でないこと。
感染性疾患を有し、他の被措置者に感染させる恐れがないこと。
b 家族の状況 家族又は家族以外の同居者との同居の継続が高齢者の心身を著しく害すると認められること。
c 住居の状況 住居がないか、又は、住居があってもそれが狭あいである等環境が劣悪な状態にあるため、高齢者の心身を著しく 害すると認められること。

(イ) 経済的事情については、次のいずれかに該当すること。(老人福祉法施行令第1条に規定)
a 当該高齢者の属する世帯が生活保護法による保護をうけていること。
b 当該高齢者及び当該高齢者の属する世帯の生計中心者が、地方税法に規定する市町村民税の所得割を課されていない者であること。
c 災害の発生等により所得の状況に著しい変動がある等のため、当該高齢者の属する世帯又はその生計中心者がa又はbに相当する状態にあるとも認められること。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク